トミーのお気楽日記

自己破産申請までの手順とは

自己破産申請での手順にしたがうなら、申し立てる人は初めに申請書を申請人の住所を管理する地方裁判所へ届けることがスタートです。

申請人の申し立てがあったら裁判所は認可をしたほうがいい根拠が存在するか否かというようなことを審議する流れとなり判定の終わったとき、申立人に支払い不可能な状態など自己破産の要件が備わっている場合許可がもらえることになります。

ですが自己破産の決定がもらえても、それのみでは負債が免除になったことにはならないのです。

次に免責の決定を与えてもらう必要性があるのです。

免責というのは破産申請の手続き上借金返済が困難な申請人の負債については地方裁判所にもとづき義務を帳消しにすることをいうのです。

※端的に言えば負債をゼロにすることです。

免責でも承認の審理と似たように裁判所で分析があって診断の結果免責の決定が得られたとしたら自己破産者は責任から脱することとなり借金はゼロとなります、結果として、携帯ローンやクレジットが利用停止になることを別にすれば破産者が被るデメリットから解放されることになるのです。

免責非認定(義務を帳消しにはさせない)の判断がされると債務くわえて破産認定者にもたらされる困難は消えないことになってしまいます。

破産の免責システムはどうしようもない理由で借金を抱え苦境に立たされている債務者を救助するのが目的の取り決めです。

だから、貯金を秘匿して破産申請の遂行をするといった、国に偽物の申立書を送るなどの制度を不正使用する人であるとか、賭博や豪遊などの無駄遣いで借入を作った人々に関しては自己破産の申立て過程を消したり、免責承認が許されることはありません。

破産の法律では、免責の許諾を受け取ることができない場合を先に示した例の他いくつも明記していて、その理由を免責の不許可の事由としています。